• 小
  • 中
  • 大

在宅から施設までを結ぶアカデミックで政策的な高齢者福祉を展開し、地域福祉の総合拠点として、トータルケアで個々に最も適した最良のサービスを総合的に提供する、高齢者総合福祉エリアです。

お電話でのお問い合わせ
  • トップ
  • 施設・サービスのご案内
  • 楽寿会の活動
  • 採用情報
  • アクセス
  • 楽寿の風景
  • 法人概要

職員教育


矢印 施設内職員研修活動状況矢印 楽寿会関連図書VTRのご紹介

施設内職員研修
300px_背景
施設内職員研修
職員教育委員会が中心となり、毎週1回、施設内職員研修を実施しています。全職員を対象に外部研修の伝達研修及び各種専門分野の研修を行い、処遇の向上、職員の資質向上と施設機能の充実や向上に努めています。また、外部講師を招いて講演や研修も随時行い、成果を挙げています。
 
新入職員研修
300px_背景
新入職員研修
楽寿会では毎年3月に新入職員に対し、いち早く優れた職員になるべく、様々な分野の専門スタッフ、外部から招いた大学教授・講師の方々による専門性の高い新入職員研修を実施しています。

 
ロールプレイ
300px_背景
ロールプレイ
より良い処遇の向上を目指し、時代のニーズに的確に応えるため、職員勉強会としてロールプレイに取り組んでいます。

茶道教室
300px_背景
茶道教室 (サービスマナー研修)
介護技術の基本を大切に、人を思いやる一期一会の心をもってコミュニケーションを図ることができる人材の育成を目的に月に1回茶道教室を開催し、礼儀作法をはじめ、茶道の精神を学んでいます。

 
資格取得支援プロジェクト
300px_背景
 
資格取得支援プロジェクト2
300px_背景
 
資格取得支援プロジェクト
楽寿会では高い専門性を持った介護、福祉のスペシャリストが一丸となって協働し、サービスの質の向上を図るために、一人でも多くの職員が資格を取得して、より質の高いサービスの提供に繋げることが出来るように支援しています。これまでに介護福祉士143名、介護支援専門員45名が合格し活躍しています。一人でも多くの職員が合格できるように、資格取得支援プロジェクトのスタッフを中心に、毎月勉強会やチェックテスト、模擬試験、ロールプレイなどを開催し資格取得に向けて活動しています。


矢印
楽寿会関連図書VTRのご紹介


施設内職員研修活動状況
活動状況(令和2年度)※新型コロナウイルス感染症対策のため資料回覧。

年月日
テーマ
令和2年
5月25日
高齢者虐待防止法について
6月22日
食品衛生
『食中毒予防について』
7月6日
安全保健衛生感染症対策委員会合同
『熱中症について』 
7月20日
防災委員会合同
『ハザードマップ、避難情報について』
7月27日
身体拘束廃止委員会合同
『身体拘束について』
8月11日
サービス向上委員会合同
『処遇研修 清拭介助の方法とコツ』
8月24日
看取り介護について
9月1日
衛生委員会合同
『新型コロナウイルス対策 『防護具の着脱法』
9月14日
高齢者虐待防止法について
9月28日
事故防止対策委員会合同
『インシデントの傾向を把握し事故防止に役立てよう!』
10月12日
口腔ケアについて
10月21日
コロナウイルス感染症対策
『実技指導:個人防護服の着脱手順』
10月26日
安全保健衛生感染症対策委員会合同
『インフルエンザについて ~予防と対策~』
11月2日
身体拘束廃止委員会合同
『身体拘束について』
11月9日
事故防止対策委員会合同
『インシデントの傾向を把握し事故防止に役立てよう!』
11月30日
褥瘡対策
『褥瘡について』
12月7日
伝達研修
『高齢者施設における感染症対策 ~新型コロナウイルスとインフルエンザを中心に~』オンライン講座に参加して
12月21日
安全保健衛生感染症対策委員会合同
『ノロウィルスについて ~予防と対策~』
1月25日
防災委員会合同
『災害に備える』
2月15日
摂食・嚥下のメカニズムを理解して、誤嚥性肺炎を予防しよう
3月15日
緊急時対応研修
『窒息(誤嚥)の対応について』
3月22日
伝達研修
『新型コロナウイルス感染症対策講座』オンライン講座に参加して
3月29日
個人情報保護法・倫理法令順守・公益通報者保護法
3月30日
看護実務 感染症予防・PPE着脱法
3月30日
身体拘束廃止委員会合同
『身体拘束について』
3月30日
事故防止対策委員会合同
『インシデントの傾向を把握し事故防止に役立てよう!』
  

矢印 令和元年度の活動状況についてはこちら
矢印 平成30年度の活動状況についてはこちら
矢印 平成29年度の活動状況についてはこちら


ページ先頭へ戻る